カンボジア・タイムズ

カンボジア×哲学

【カンボジア】救国党がここまで躍進した理由。

救国党が力を伸ばした理由。

 カンボジアでは、ずっと人民党の優勢が続いていたのですが、近年急速に野党が力を伸ばしてきました。

 

僕が考えた理由は三つ。

 

1.人民党の腐敗

2.国内での格差の拡大

3.薄れゆく内戦の記憶

 

 

それでは一つずつ考えていきます。

 

理由その1:人民党の腐敗

 人民党は1993年に行われた選挙からずーっと政権の座についています。

 

その間なんと24年間!!

 

政治に流動性がなくなった結果、「汚職」なども当たり前のように行われるようになりました。

 

「権力は腐敗する」という言葉通りに。

 

しかし、カンボジア国民がそれを告発することは極めて厳しい。

 

カンボジアの富の大部分が官僚に偏在していることを暴いた研究者は射殺されました。

最大野党の党首は「国家反逆罪」で逮捕されました。

政権に批判的な新聞は廃刊を強いられました。

 

現在のカンボジアでは、国民全体の発言が監視されているといっても過言ではないくらい、政権に対する批判は厳しく制限されています。

 

そういった現状に嫌気が指した人々が多いのではないでしょうか。

 

理由その2:国内での格差の拡大

これは日本国内でも常々指摘されていることですが、カンボジアでは日本以上に格差が広がっています。

 

tatsuyatanaka.hatenablog.com

 この記事でも言及したように、最低賃金は確実に上がってきていますが、それでも最低賃金は153ドルです。

平均家賃が150ドルのプノンペンではとても生活をすることができません。

 

けれど、イオンモールに行けば、一つ100ドルもするバッグを山のように買う人もいる。

 

こういった格差を目の当たりにして、特に低所得者層を中心に「変革」を求める声が上がっているのです。

 

理由その3:薄れゆく内戦の記憶

独裁政権であったとしても、今まで支持率がそれなりに高かったのは「苦い内戦の記憶」を持っている人々が人民党に投票していたことも要因として考えられるでしょう。

 

多大な犠牲を払った内戦がようやく終結して、平和が訪れた。

その時に政権の座についたのもまた人民党だったのです。

 

またあのような悲劇は繰り返したくない。

そういう想いから現状維持を強く願って人民党に投票している人々がいるのです。

 

しかし、カンボジアに平和が訪れてから20年以上も経過しています。

都市部に住んでいる若年層のほとんどはもう内戦の記憶はありません。

 

彼らは、腐敗しきった現状を変えるべく救国党に投票する人々が多いのです。(実際去年の地方選挙で、プノンペンでは救国党が優勢でした。)

 

しかし、その救国党は解党されてしまった。

今後の動向に注目です。

 

 にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村