カンボジア・タイムズ

カンボジア×哲学

(10/24~11/28)ブログを再開して一か月。人気記事発表!

ブログを再開して一か月が経ちました。

一か月間なんとか記事を2、3日に1記事ペースで書くことができた。

 

これは2、3か月に1記事しか書かなかった以前のブログと比べればはるかに大きな進歩だ!

 

今回は一か月間の記事の中でよく読まれた人気記事ベスト5、また自分のおすすめ記事をまとめることにします。

 

第一位:カンボジアでスラムが形成された理由―経済発展の裏側

tatsuyatanaka.hatenablog.com

圧倒的に一番読まれた記事でした。

個人的にもブッディン地区なんかは特に興味がある地域です。

ホワイトビルディングの今後に注目です。

 

第二位: 『それは、カンボジア社会の病気なんです。』―カンボジアの政治事情

tatsuyatanaka.hatenablog.com

この記事を書いたころ、ちょうどカンボジア国内で政治のごたごたがありました。

どうか、平和なカンボジアでいてくれよ。

 

第三位:学生団体を引退しても、カンボジアはそこにある。

tatsuyatanaka.hatenablog.com

カンボジアは今もそこにあるよ!

リメンバーカンボディア。

 

第四位:【カンボジア】救国党がここまで躍進した理由

tatsuyatanaka.hatenablog.com

 救国党の解党されてすぐに書いた記事です。

救国党をまとめた記事ってなかなか日本語でないのでそれもよく読まれた一因なのかも。

 

第五位: 学生団体の皆さんへ。みんなが議論してることより大切なこと、あると思うよ。

tatsuyatanaka.hatenablog.com

今、学生団体に所属している方々全員に言いたいことです。

よく読まれていてよかった。

 

(番外編)イチ押し記事:僕が目指す世界―それは「分かり合うこと」が強制されない世界だ。

tatsuyatanaka.hatenablog.com

この記事は直接カンボジアに関わるものではないので、pv数はトップ5入りはなりませんでしたが、「共生」について自分なりに本気で考えた記事です。

 

まだ読んだことのない方はぜひ!おすすめです。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村