カンボジア・タイムズ

カンボジア×哲学

支援活動をしてお金を得ると非難される。

 

国際協力=ボランティア?

Tedスピーチの中で、こんなことを言っている人がいました。

営利セクターだと賃金が上がりますが、非営利団体がお金でスタッフのやる気を起こさせ、福祉サービスを向上させるのは好まれません。私たちは 人助けをすることでお金を稼ぐという考えに不快感を持っています。人助けをせず大金を稼ぐという考えには不快感を持たない、というのは面白いですよね。例えば 暴力的なゲームを子供に売って50億円儲けたいなら、頑張れと応援してwired誌の表紙に載せるんです。しかし、マラリアの子供のために5千万円を集めようとすると、寄生虫のように扱われてしまう。

ダン・パロッタ『チャリティーに関する考え方は完全に間違っている。』

 

そうなんです。

「非営利」っていう言葉を勘違いされている方が多くて、「非営利」を「お金儲けをしない」という意味で捉えてしまっている方々がよく見受けられます。

 

非営利の意味なんかはこの記事で詳しく書いていますのでまだの方はぜひ。 

tatsuyatanaka.hatenablog.com

 

「非営利」組織であっても、組織である以上運営していくのにはお金が絶対に必要なのです。

 

寄付されたお金を支援費のみに回してしまったら、事業自体が成り立たない。

寄付されたお金はできる限り「支援費」に回したい。

けれど、組織を運営するためには支援費以外のお金も必要になってきます。

 

例えば「広告費」。

非営利セクターの活動が円滑に進むためには寄付金が必要です。

その寄付金を集めるためには、色んな人に自分たちの活動を知ってもらう必要があります。

それもできる限り多くの人に。

 

また、組織の内部にいる人間も「生活」しているわけで、彼らに対しても相応のお金を払わなければなりません。

そこで「人件費」が発生します。

 

しかし、 余裕がない組織がほとんどです。

だからブラック企業も真っ青な待遇で働いている方々も少なくありません。

 

「非営利」団体であっても、清貧である必要はない。

「清貧」っていう言葉、好きな人多いですよね。

 

お金がないにも関わらず、利他精神をもって誰かを助ける。

なんて美しいんだって。

その清貧さを、非営利セクターに求めてしまっているのではないでしょうか。

 

しかし、実際には営利団体と同じかそれ以上に貪欲にお金を集めていかないと事業

を持続させることができません。

 

事業が持続しなくても、先進国にいる人たちはなんも影響がありません。

結局割を食うのは現地の人々なのです。

 

倫理的であることと、倹約することを混同するとこうなります。私たちは運営費5%の手作り品のバザーの方が、プロを使って運営費40%になる資金集めより倫理的に良いと教わってきましたが、最も大切な情報が欠けています。実際の収益総額はどのくらいなのかという点です。バザーなら運営費がたったの5%でも収益金もちっぽけなら、何の意味もありません。バザーは 規模拡大の投資がないから7,100円の収益金しかなく、プロが規模拡大投資をすると71億円の収益金が出るとしたらどうでしょうか?さて どちらの総額が良いですか?飢えている人だったらどちらの総額の方がいいでしょうか?

ダン・パロッタ『チャリティーに関する考え方は完全に間違っている。』

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村